天狗ニートの成長日記

2年半、投資と筋トレのみの生活をしたが米中貿易摩擦により破産した天狗ニートの成長過程

ユニクロの商品を半額以下でゲットする!?

すでに安い商品をさらに安く!!

とにかく安いファストファッションとしてお馴染みの「ユニクロ」では年に一回、創業感謝祭としてセールが行われていることをご存知でしょうか?

「もともと安いんだからそんなに安くならないんじゃないか」

と思われるかもしれませんが

なんと半額以下で商品を購入できるそうですヨ!

創業感謝祭は毎年11月末に4日間行われ、初日のみ朝6時オープンになる店舗もあります。

そしてその店舗のみ6時~9時の間に早朝タイムセールを開催しており、1990円のフリースが990円で購入できるのだとか。

早起きしてユニクロへ出かけるのもアリ!!ですね

そういえば、ワイスピ観てきました!

先日、友人と観てきました、「ワイルドスピード・スーパーコンボ」

いや~ワイスピシリーズをすべて観てきたわたくしですが、今回、サイドストーリーとはいえ、良かったですよ!

広告等で見る機会があるかもしれませんが、最強AI人間に立ち向かうホブスとショウが最高にかっこよかった!

4DXで観たのでこれまたよかった!!
あまり言うとネタバレになるのでやめておきます(笑)

プレゼンで沈黙しても問題なし!!沈黙を「間」に変えて一発逆転!らしいです(笑)

プレゼンが武器に!?

ビジネスシーンではたびたび人前で話すことが求められませんか?

規模の大小はありますが、日常的な会話レベルから客先に出向いてのプレゼン、大規模な部屋を借りたりして何百人の前でしゃべらなければならない機会です。

誰しもが人前に出ることが慣れていて、大得意というわけでもない。
頭の中で考えがまとまらなかったり、とっさに言葉がでなかったり、予期せぬ沈黙を生んでしまうこともあることでしょう。

そんなとき

「どうしよう!なにか言わなくては!」

と焦ってしまうとどんどん深みにはまってしまう。

今回のお題は、もし意図せずに沈黙してしまったら、この空白の時間を味方にしよう!ということです。
f:id:mukasibanasi_san:20190620105728p:plain

沈黙の使い方

はい、静かに!!!

うるさい!!!

学生時代そういう直接型の先生はいましたよね(笑)

ですが一方で、いきなり授業を中断し先生が一切喋らなくなると、みんな静かになる。といった経験したことありませんか?
そうなると、騒がしかった教室が先生に注目し生徒たちは落ち着きを取り戻す。。。

このように、実は「沈黙」には、周囲の人間の注意を集める効果があるんだとか。

この効果をプレゼンに活かし、わざと沈黙を作ったかのように装い、沈黙を挟んで重要なことを話し出すのです。

説明途中であってもかまいません。

「よって」
「つまり」
「結果的に」

などと、ものごとをまとめに導く接続詞を使って議題の重要なポイントを語って、一気に畳みかけましょう。

プレゼン中に適度に「間」を入れることにより、実はメリハリのあるプレゼンになります。
聞き手はあなたを知的な話し手であると好意的に受け取ってくれるはずです。

どうでしょうか。。。

焦って上がる。。。話したいことがうまく伝わらない。。。
そんな経験ありますよね。もちろん僕もあります(笑)

今日のテーマからすると、プレゼンは、ゆっくり落ち着いて、適度に「間」を挟みながらがいいですね(笑)

その「間」の最中に次喋ることや、話しの持っていく方向を考えながら話てもいいかもしれませんよね。

皆様、お久ぶりです。覚えてますか?(笑)

謝罪・・・

f:id:mukasibanasi_san:20190723172515p:plain

まず、一か月ほどこちらのブログの方、更新をせず申し訳ございませんでした!!

そしてなにより、はてな読者様、変わらずいてくださり、感謝です!!


皆様、この度は会社を20日ほどで退職し、誠に申し訳ございませんでした!!!



ん???





・・・ん??


えー、皆様には以前より脱ニートするためのご支援、ご鞭撻のほど、頂いておりましたが、やめちゃいました。

なんかねぇ、サラリーマン自体がむいてないんだ。今回でそう思いましたね。。。

毎日同じ服着て、同じ時間に同じような業務をし、同じ人に会う・・・
それがサラリーマンなんだよ!!と言われたら終わりなんですが、たぶん僕には無理なんです(笑)

てことで、ニートにもどります!!!再び宜しくお願い致します!!

僕と同じ境遇の方へ(仕事やめるか迷っている方)

おそらく多数ではないと思いますが、今の時代ニートでも生活していけるくらいですので、僕みたいな方もいるかもしれません
そんな方々へ僕なりの考えでございます(笑)

会社をやめたいならやめるのもアリだと思いますヨ!

そりゃいろんな理由がありますよね?


・つまらない
・将来が見えない
・人間関係    等々


こんな僕でもリーマンじゃなくても生活はできていますし、一般的なリーマン以上の収入は稼いでいます。(投資、SNSメイン)
僕の場合、体裁を整えたい。それだけがリーマン志望動機でした。
ぶっちゃけ薄すぎますよね(笑)

SNSなどを見ていると遊んでるように生きている方が多く、そういった方々が稼いでいる時代です。この流れはどんどん進むでしょうし、寿命も長いので仕事で消耗するのはやめましょう!と自分にはいっています(笑)

平均寿命があがり、年金制度は崩壊しそうですし、たぶん死ぬまで労働の世の中が来ますよ(笑)
それなら嫌なことはやめ、ストレスを下げ、なるべく心地よく生きるという選択肢もアリだと思います。

そのためには、これからは会社に属しているだけではなく、自分で稼ぎだす力を作れたら勝ちだと思います。今よりもっと、フリーランスのような方々が活躍する時代が来るんじゃないかなぁとか思ったりしています。今当たり前のように「人」がやっている仕事がコンピュータに席捲され、専門分野にたけたフリーランスが仕事をもらえるような時代がこないかなぁとか思ったり・・・(笑)

そう考えると、今こうして僕みたいな弱小ブログを見てくれているブロガーさんもそうですし、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSで「ビジネスアカウント」を個人でもち、活動されている方も着実に将来性のある自由な仕事なんじゃないかなとも思いますね(笑)

こういうことをいうと、必ずうちのオカンのように、「はたらきなさい!安定して正社員をしなさい!」という意見がでます。

でも、働く、安定というものを捨てるわけではありません。
時代の変化により、「働き方」とういうものの「本質」が変わりますのでそこに対応できる能力をつけるトレーニングをし、対応できるようにする。それがサラリーマンではなくなるだけなのでおおもとの考え方自体は大きく変わりませんよね・・・


いかがだったでしょうか。こいつ久々に更新しやがって、いきなり偉そうなことぬかしやがってと言わないで(笑)


今後はまた有益な日常生活で使える情報をお届けできるように頑張ります(笑)
あとDMが届いたのですが、アカウントは複数ありますので一元化できるように頑張ります!
こちらのブログ以外に紐づくアカウントが多々あるのでややこしくなっています、すみません(笑)

悪いニュースは昼過ぎに報告すると怒られない!らしいです(笑)

人間の生態を味方に!?

デイワーカーを対象にしたある調査結果があります。

それによると、日中、人間の集中力・注意力が最も高まるのは午前6時から正午までだそうです。

逆に最も低下するのは正午から午後2時までの間だといいます。


思い当たる方はいらっしゃいますか?


朝、フレッシュな状態でスタートして昼まで集中して仕事をこなし、ランチタイムを迎える。。。

そのあとには空腹が満たされた時間帯がやってきます。

脳にいっていた血液が消化のため胃に移り、眠気が襲ってくる魔の時間帯でもあります。

f:id:mukasibanasi_san:20190620105728p:plain]


このように気の緩む時間帯が午後2時に訪れるとしたら。。。
それは「悪い報告」をするのに、都合の良い時間帯だといえないだろうか。。ということです(笑)

考えてみれば、集中力が底を打っている状態とは、すなわち思考や感覚が鈍っている状態であります。
そんなときに重大な話を持ってこられても、なかなか正しく受け止めることが難しいのです。

よってなにか悪い報告であったり、謝罪が必要な失態を犯したときは昼過ぎを狙って上司の元を訪ねるのが賢い選択だそうです(笑)

判断力が衰えているだけに深く内容を吟味することなく、流してもらえる可能性が高いそうです(笑)

後日、上司がその判断の誤りに気付いたら?それこそあとの祭りです。
こちらはちゃんと報告しているので何も後ろめたいことがないとのこと(笑)
(その感覚が持てる仕事のスタンス自体に問題があるような・・・)

ただし、報告の遅れが致命的になるような問題は時間を選ばず、早急に報告するべきです!!

今回の内容はかなりのグレーゾーンです(笑)
軽い内容であればこの方法を利用してみるのもアリかもしれませんね!

そもそも叱責されるような内容はすぐに報告しましょう(笑)

相手の左斜めに座るだけで仕事がデキる奴に思われるらしいです(笑)

肖像画から読み取れる心理!

1000人を超える科学者の肖像画を集めて比較したとき、顔の左側より、右側を正面に向けている絵の方が多かったといいます。

これにはある狙いがあるのではないかと思います。


実は顔のどちら側を向けているかによってその人のイメージが変わってくるのだそう。。。
一般に、顔の左側には感情が表れやすく、見ている人に親密感を与えるとされています。


一方、顔の右側を見せると理性的に見られ、権威のある人間と印象づけらます。
肖像画を描かせる理由は人それぞれでしょうが、見る人に威厳のある印象を与える画であってほしいと思うはずです。

客観性を尊ぶ科学者にその傾向は顕著ではないかと容易に想像できるかと思います。

画家が、モデルとなった人物の右側が正面を向くように肖像画を描くというわけです。

ビジネスシーンにも!?

この心理はビジネスシーンにも応用が可能だそうですよ(笑)

クライアントとの打ち合わせを想像してみてください。
この時相手に安心感を与えたければ、自分の顔の左側が見えるような位置に座るといいらしいです。
具体的に言えば、相手から見て左斜め前。

逆に強気で押したければ、顔の右側を見せるようにして座るのが有効みたいです。

どちらが良いかはTPOによりますが初対面の相手や好意的な取引相手に顔の右側を見せて無駄に相手を身構えさせると逆効果になるおそれがあるようです(笑)
こうしたケースでは、顔の左側を見せたほうが座っているだけで相手に安心感を与え、仕事のデキる奴と思ってもらえるらしいです

そんなの嘘だろ、気持ちの問題だろ!と思ったそこのあなた!!!
僕もそうです(笑)
大事なのは交渉技術や話の質だと思いますので、お守りとして実施してみてもいいかもしれませんね(笑)

お願い事を断らせないボディゾーンがあるみたいですよ(笑)

面白い情報があったので共有したいと思います!!

人間には「ボディゾーン」という心理的な領域を持っています。
ボディゾーンとは、たいして親しくもない人間にこの領域に踏み込まれると、心の中で警戒警報が鳴り響く。そういった、自分と相手との親密さを測るゾーンです。

人によって、状況によっても異なりますが、だいたい120センチ以内が「ボディゾーン」の目安らしいです。


したがって、親しくない者同士だと、この境界ギリギリのところに互いを置いて、話をするのが普通ですよね。

これは十分に会話ができる距離ではありますが、心が通じる距離ではありませんということですね(笑)


頼みごとを相手にしても、「うん!」とはなかなか頷いてもらえない距離なんだとか。

ここはあえて、一歩踏み出すのも手です。
意図して相手のボディゾーンを侵すのです!!(笑)

ただし、不意を突くと警報が鳴り、相手は怯んでしまいます。まずはこの警報システムを解除する必要があります。

一番肝心なのは、「友好的」に接することのようです!

もちろんその程度で警戒心が解かれることはありませんが、加えて熱心さを見せつけることにより、こちらの真剣さを訴えます。
そうして相手が聞く耳を持った時、気付けば相手の「ボディゾーン」に入っているのが理想的展開です!!

そこで、親しい人にしか許されない領域に入ったという事実が、逆にあなたに有利にはたらくことでしょう。
「親しみを感じる人しか近づいてこられない」から「近づいたのだから親しみをお互い感じている」という心理に発展し、相手が頼みごとをOK!してくれる可能性があるそうです(笑)



結局、これも一理あると個人的には思いますが、長く付き合う人、大切な人に対して使うには危険ですネ(笑)

やはり日頃からの信頼関係ありきの頼み事ということが初めてできると思うので、コツコツ真剣にまわりの方を大事にすることが大切ですね。

ですが、飛び込みの営業先、今後付き合う見込みのない方などには使ってみてもいいかもしれませんね!もしかしたら、うまくいくかも(笑)